2018年07月22日

ヒットラー少年

後藤修一さんがお亡くなりになりました。非常に残念です。御冥福をお祈りいたします。
後藤さんには色々な側面がありますが、水木しげる先生の感想をご紹介しましょう。

IMG_6819.jpg

『日本読書新聞』1984年4月30日号
「わが友 ヒットラー少年 鬼太郎と桃太郎をあわして……」

 後藤修一氏は、一四、五年前だったか、ぼくが「ヒットラー」をかこうとしたとき、桃太郎のような顔をして突然現れ、「ヒットラー」の漫画が出れば世界中で、ぼくが一番喜ぶでしょうな」といったような、独話とも夢話ともつかぬ言葉を発し「ヒットラー」のストリーについて、無料で全面奉仕するから協力させてくれということだった。
 たしか高校三年位だったろうか、話をきくと「ヒットラー」のこととか、戦争のことなどだけでなくドイツ文化≠ノついてもくわしかったとつけ加えておく。氏は、それ以来毎週のようにあらわれ、ヒットラーについてのシナリオやら助言を桃太郎のような顔つきで、されるのだった。
 我が家では誰いうとなく、氏をヒットラー少年≠ニ呼ぶようになった。それほど氏は、ヒットラーについてくわしく……というより「ヒットラー」から生まれた少年みたいだった。その頃、「漫画サンデー」に連載していた「ヒットラー」が長かったから、しぜん親しくなり横浜の伊勢佐木町のハンドバックやカバンを売っているお店にうかがった。ハンドバック屋の三階の屋根裏部屋みたいなところが氏の部屋だった。一人息子らしく部屋を全部占領していてかなり広く、友達なんかいてにぎやかだった。氏は鬼太郎と桃太郎を合わしたみたいな顔でニヤニヤしておられたわけだが、世の中には変わった少年もいるものだというのがぼくの印象だった。
 話は戻るが、二、三年前からぼくのアシスタントの友人と称する丸坊主の男が、ぼくの家に出入りしはじめていた。とにかく、入道のような坊主で下駄をはいていたのだから、ひどく目立つ。又この坊主はよく電話をかけてくる。その電話のかけ方が、少年とは思えぬほど落ちついているのだ。世の中には面白い人がいるものだと思っていると、なんとこの坊主は「ヒットラー少年」の知合いだったと聞いておどろいた。しかも、お互にかのゴジラとかキングコングといった特集もののなどについて、バカにくわしい。しかも、その坊主が日本で一番くわしい、という話をきかされ二度おどろいた。
 その後「ヒットラー少年」は、ナチス時代の軍需相のシュペーアとか、親衛隊長ヒムラーの娘などとドイツに行って話をしたり、日独協会の青年部の委員長になったりして、大へんなドイツ通になっておられる。全く年月のたつのは早いものだ。マスコミのみなさま「ヒットラー」のことについて知りたいことがあったら、ゼヒ後藤修一氏にきいて下さい。

水木しげる
マンガ家

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月31日

柳原良平アートミュージアム

ポスター.jpg
2015年にお亡くなりになった、船舶マニア(自称船キチガイ)である画家柳原良平氏の作品や遺品を展示する博物館がオープンしたので、早速行ってまいりました。
DSC02629a.jpg
実は私は結構柳原氏の本を持っています。しかも、これらは小学生の頃からの愛読書でした。「船の本」は何度読み返したか判りません。私は船が好きですが、それは柳原氏の影響が大きいと思います。船の特徴を捉えつつ、デフォルメされたイラストも大好きでした。
横浜緋桜.jpg
ミュージアムはみなとみらいにあります。みなと博物館に併設されているのです。日本丸の周囲は桜が綺麗でした。なぜかZ旗も翻っています。
横浜緋桜2.jpg
この鮮やかな色の桜は横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)という横浜で生まれた品種だそうです。
DSC02549a.jpg
染井吉野(ソメイヨシノ)も満開でした。
DSC02558a.jpg
旧横浜船渠の第一ドックに保存されている日本丸がお出迎え。みなと博物館と柳原良平アートミュージアムは同じ場所にあります。
DSC02563a.jpg
みなと博物館と入口も共通でした。
DSC02564a.jpg
キャプテン・アンクルもお出迎え。今日は横浜市民はみなと博物館も含めて無料だそうです。先着200名に記念品を渡すイベントもあったらしい。展示は多岐にわたるものでした。柳原氏の初期の作品も多く展示されていました。多くの人はデフォルメされたイラストのイメージが強いと思いますが、初期の作品はカッチリ描かれたリアルなものが多いです。非常に多才な方であり、職業画家、イラストレター、商業デザイナーだけでなく、アニメーターであり、漫画家でもあり、エッセイストでもありました。特撮映画まで自主制作されています。そして、何よりも「船キチガイ」でした。昔はキチガイという言葉はネガティブなイメージばかりではなかったのです。柳原氏は船の本で「船キチガイ」について書かれているので引用してみます。これは1968年に出た本である事を念頭において読んで下さいね。

今、子供に人気のあるのは怪獣である。ギララ、バルゴン、ウルトラマン……。さてこういう子供の中でサラリーマンになってもまだ怪獣が好きなのがいたらどうだろう。彼はきっと怪獣キチガイのレッテルをはられ、みんなから変わり者だと思われるに違いない。ボクの船キチガイはそれだ。子供ならばちっとも不思議じゃないが、大人になるまでしつっこく好きでいた事が変テコなのである。だいたい大学の受験勉強をする頃になってもまだ子供の遊びの消えないヤツはキチガイの域に入ってきたと見ていい、とボクは結論を出した。

まさに現在の「オタク」を予言したような文章ではありませんか。

DSC02565a.jpg
柳原良平アートミュージアムオープン記念限定メニューのトリスハイボールだそうです。これは飲むしかないですね。トリスを飲んでハワイに行こう!!です。
IMG_20180331_121541a.jpg
実は私はもうかなり前になりますが、柳原良平氏に一度だけお会いした事があります。関内の本屋さんで買い物をした帰り、同じビル内の画廊で柳原氏の個展が開かれていたのです。入って絵を眺めていたら、受け付けの女性が「今日は初日なので奥で立食パーティーをやっています、よろしかったら参加されませんか」と言われて、恐る恐る会場に入ったら、柳原氏がいてニコニコと「よくいらっしゃいました」と挨拶されました。凄く緊張していたので「ありがとうございます」と言っただけでしたが、本当は、子供の頃からファンでした、あなたの著書を読んで船が好きになりましたと言いたかったのです。


posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月25日

金色の錨(航空母艦ロナルド・レーガン)

桜をみに横須賀に行ってきました。ヴェルニー公園は桜と軍艦を一緒にみる事ができます。
DSC02375a.jpg
なかなか良い雰囲気ですね。
DSC02416a.jpg
昔から桜と錨は海軍の象徴ですね。
DSC02411a.jpg
せっかくなんで軍港巡りにも行ってきました。航空母艦ロナルド・レーガンが停泊していました。アイランドに足場を組んでメンテナンス中のようです。
DSC02068a.jpg
観ていて不思議な事に気がつきました。レーガンの錨が金色なのです。
DSC02077a.jpg
正面からみると片側だけが金色です。反対側は艦体と同じ色ですね。どうもペンキ塗り立てという雰囲気がしないでもありません。
DSC02109a.jpg

果たしてこれは何なのでしょうか?調べてみたら次のような記述が英語版ウィキペディアにありました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Retention_Excellence_Award

「Retention Excellence Award」というのがあるようですね。以前は「Golden Anchor Award」と言われていたそうです。年間でもっとも乗員定着率が高く乗艦志願者も多い艦に与えられる賞で、錨を金色に塗る栄誉が与えられるとのこと。乗員に人気のある艦という事でしょうか?

駆逐艦だったら楽そうですが、レーガンクラスの艦の錨を塗り替えるのは大変そうですね。

アメリカにドナドナされていったフィッツジェラルドに換わって、シンガポールからドナドナされてきたマケインが現在入渠中です。
DSC01997a.jpg

楽しい午後でした。
DSC02353a.jpg



posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月26日

本日の駆逐艦フィッツジェラルド

損傷していた駆逐艦フィッツジェラルドをアメリカ本国へ回航するために重量物運搬船への搭載はすでに完了しています。今日はそれが観たくて横須賀軍港巡りの観光船に乗ってきました。ちょっと方向が悪いのと距離があるのでコンパクトデジカメではこれが精一杯でした。それでもこれだけ大きな艦を別な船に搭載するのが観られるのは貴重な経験です。
CIMG0308aa.jpg
CIMG0314aa.jpg
CIMG0324aa.jpg
DSC00817aa.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月06日

鎌倉シン・ゴジラ幻想

ちょっと時間があいていしまいましたが、鎌倉のシン・ゴジラ聖地巡礼写真です。

ゴジラ第四形態出現シーン。江ノ島の脇を通過して鎌倉に接近。
aDSC07535.jpg
江ノ電長谷駅付近、人々が避難していたシーンに登場。
aDSC07602.jpg
ゴジラが鎌倉に上陸した場所。
aDSC07653.jpg
ゴジラが陸に第一歩。手前の船も登場していた。
aDSC07671.jpg
文学館付近。ゴジラは江ノ電に沿って進行していたようだ。
aDSC07697.jpg
鎌倉駅南側の商店街、ゴジラの尻尾が上を通過する。この辺りからゴジラは横須賀線にそって進行。
aDSC07733.jpg
aDSC07722.jpg
aDSC07727.jpg
横須賀線にそってゴジラは北上して亀ヶ谷の切り通し付近を越えて北鎌倉方向に抜けたと思うのだけど、巨体での山越えは大変だったのではないかと思います。
aDSC07773.jpg




posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

本日の駆逐艦フィッツジェラルド

本日の駆逐艦フィッツジェラルドです。横須賀基地の第四船渠に入渠中でした。
aDSC09957.jpg
第四船渠は帝国海軍が明治時代に作った大型船渠で、後に拡張されて明治時代の戦艦や装甲巡洋艦が入渠できるようになりました。昭和の頃は重巡洋艦クラスが主に入渠していたようです。
aDSC00012.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月11日

日本郵船美人三姉妹

横須賀美術館の特別展は横須賀らしく「美術で巡る日本の海」でした。海に関連した絵画等が色々と展示されていたのですが、小磯良平のこのポスターは有名ですね。日本郵船の新鋭客船「新田丸」「八幡丸」「春日丸」を美人三姉妹に擬人化したもの。ちなみに彼女達の頭文字を合わせるとNYKとなって日本郵船の英語略称になります。艦これ提督ならばもちろん春日丸(航空母艦大鷹)はご存じでしょうけど、他の二人も航空母艦沖鷹(新田丸)、航空母艦雲鷹(八幡丸)となりました。そして全て戦没したのです。
NYK姉妹.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

横須賀美術館

観音埼にある横須賀美術館に行ってきました。ガラス張りの非常に美しい建物です。
DSC09561a.jpg
目の前には浦賀水道が広がっています。海を観ながらイタリアンレストランで食事もできます。
DSC09562a.jpg
天気も素晴らしかったです。これほど視界が良いのは珍しいですね。
DSC09577a.jpg
船がひっきりなしに通過しています。自衛艦の姿も見えました。
DSC09556a.jpg
対岸の千葉も良く見えます。
DSC09563a.jpg
これは第一海堡ですね。
DSC09591a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月02日

エーデルワイス

エーデルワイスの苗を買いました。しかし、これは本当にヨーロッパのセイヨウウスユキソウなのか。それとも日本産のウスユキソウなのか。良く判りません。最後の写真はドイツで買って来たエーデルワイスの押し花です。今気がついたのですが、この押し花にはエーリカも入っているような気がする。
DSC09543a.jpg
DSC09540a.jpg
DSC09545a.jpg
DSC09550a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月26日

駆逐艦フィッツジェラルド

本日の米海軍駆逐艦フィッツジェラルドです。12号バースに停泊。周囲の海上にはフェンスが展開され、普段はあまり見ない警備艇も何隻かパトロールしてました。左右の傾きは見えませんでしたが、艦首がやや下がっているようです。衝突箇所は生々しいです。改めて亡くなられた乗員の御冥福を祈ります。改めて観ると艦橋付近にコンテナ船の船首の形状がくっきり残っている。かなり高角度で衝突したように見えます。喫水線下には直径4mのバルバスバウで破られた孔があるそうです。

DSC09139a.jpg
DSC09098a.jpg
DSC09173a.jpg
DSC09042a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記