2019年03月09日

「荒野のコトブキ飛行隊」羽衣丸考察(続)

先の考察が凄く大ざっぱなものだったので、もう少し掘り下げてみよう。

ツェッペリン7.JPG
2隻のイジツ飛行船が並んでいる。上が羽衣丸である。街と比べて非常に巨大である事が推測される。

ツェッペリン6.JPG
隼T型の発艦シーンである。羽衣丸の飛行甲板兼格納庫は船体構造に組み込まれ、かなり強度もありそうだ。幅は少なくとも30mで高さは10mはありそうだ。飛行甲板兼格納庫の天井にはかなり太い梁が見えており、このボックス状の構造が船体の竜骨の役割を果たしている可能性がある。たぶんこの区画より上にヘリウムガスの気嚢が並んで収められているのだろう。目測では船体下部の2〜3割は気嚢以外の設備になっているものと思われる。その分浮力が減るので不利になるが、そういった飛行船がない訳ではない。

ツェッペリン10.JPG
世界一周飛行で有名なLZ127グラーフ・ツェッペリン号である。LZ127は10万m3の気嚢のうちで7万m3が水素ガスで、残りの3万m3に燃料のブラウガス(エチレン系可燃性ガス)が収められていた。

ツェッペリン8.jpg
船体が充分に大きければ、アニメと同じような見た目でブラウガスの区画に飛行甲板兼格納庫がすっぽり収まりそうだ。

ツェッペリン5.JPG
ブラウガスの区画は船体の全長に及んでいるので、飛行甲板兼格納庫と置き換える事ができそうです。もちろん船体が大きければですが。

ツェッペリン9.JPG
羽衣丸は全体的な形状はLZ129ヒンデンブルク号に似ています。数は多いですが発動機の装備法も同じです。

アクロン.JPG
ただし、直線的な尾翼の形状はアメリカ海軍の軍用飛行船アクロン号に似ている気もします。アクロン号はヒンデンブルク号とほぼ同じ大きさの巨大飛行船でした。また羽衣丸と同じくヘリウム飛行船であり、船内に飛行機格納庫を有し、5機の小型機を搭載できました。発艦と収用は船体下部にあるアームとフックで行います。

アクロン2.JPG
格納庫内で吊り下げられた複葉機。

アクロン3.JPG
船外に吊り下げられた機体。

羽衣丸がLZ129ヒンデンブルク号やアクロン号の全長で約2倍というのは映像をみる限りでは妥当なようです。全体のフォルムはLZ129ヒンデンブルク号、ヘリウムや航空艤装はアクロン号、内部構造はLZ127グラーフ・ツェッペリン号と共通点があるといったところでしょうか。
ここでは、アクロン号を2倍にして本来のヘリウム気嚢の3割のスペースが航空艤装や居住区に当てられていると考えて羽衣丸のスペックを推定してみましょう。

アクロンの全長が約240mですから「480m」、直径が約41mですから「82m」、ガス体積が184000m3ですからその8倍に0.7を掛けて「103400m3」、同じ要領で、総浮力が「1025トン」、ペイロードが「465トン」、船体重量はペイロードと概ね同じだそうなので「約500トン」になるようです。前の推定より厳しくなっているのはガス嚢の容積が大幅に減ったのと、ヘリウムを使っているせいです。
ざっくり、浮力が1000トン、船体重量500トン、ペイロード500トン。予備浮力がたくさん要るかと誤解していたのですが、浮力と重量が釣り合っていれば良いようです。飛行船は静的な力だけでなく、動くので昇降舵や方向舵の動的な力と、ある程度は揚力も生じるようですね。逆に飛んでいるうちに、物資を消費してどんどん船体が軽くなるのでバラストの確保が必要なのだそうです。水素はガスを抜く事ができますが、ヘリウムは高価で捨てるのが許されないので苦労したようですね。飛行中に遭遇した雨水を溜めたり、エンジンの排気から水を分離してバラストとして利用したりしたようです。

改めて、船体重量500トン、ペイロード500トンで羽衣丸が実現できるのでしょうか。工夫すればなんとかなる気もしますが、とにかく船体の軽量化は絶対に必要でしょうね。







posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年07月14日

平成30年7月豪雨

真砂_001.jpg
平成30年7月豪雨で犠牲になった方々の御冥福をお祈りし、被災された方にお見舞い申しあげます。
なんであんな記録的な豪雨が発生したのか?自分なりに勉強してみました。気象学の知識が無いので間違っているかもしれませんが。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年07月07日

花崗岩と真砂(まさ)

真砂_001.jpg
中国地方のオートバイ乗りが、山道を走っていて悩まされるのが、路肩でツルツルすべる、まるでビーズをまいたような砂です。これは真砂(まさ)に由来したものですね。現在進行中の水害は凄まじいものですが、中国地方で土砂災害が多発している原因のひとつではないかと思うのです。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年06月16日

君が代

君が代_001.jpg

 私は君が代が好きです。祖国の国歌であるというだけでなく、静かで美しく、悠久の時の流れが、短い詩に凝縮されているのがとても良いですね。
 「さざれ(細)石の巌となりて 苔のむすまで」という歌詞は「小石が巨岩となるほど長い歳月を経るまで」という意味なんでしょうが、私はひとつ小石が成長して巨岩になるという考えが昔の人にあったのかと思ってました。ところが、歌に詠まれたさざれ石のモデルは、根拠は良く判らないのですが、伊吹山の石灰質礫岩とされているそうです。
 つまり、小石(礫)が集まって堆積して、続成作用で固結して、陸化して、侵食されて巨岩になったという意味ですね。凄く地質学的なのが面白いです。
 もっとも、本当に地質学的な解釈に基づいている訳ではなく、巨大な礫岩の塊が小石が集まってできているのをみて、理由は判らないけど、不思議に思い、畏敬の念に囚われただけかもしれませんね。
 それにしても、あちこちで展示されている大きな岩石を「さざれ石」と呼ぶのは論理的に間違っているのではないか?含まれているのが「さざれ石」で、展示されているのは「巌」だと思うのですが。('-'*)
 明治時代のお雇い外国人、英国人のチェンバレンが、君が代の英語への翻訳をしています。チェンバレンは俳句や和歌をつくるくらいに日本語に堪能だったらしいですから、ちゃんと国歌「君が代」が正立した当時の解釈を踏まえていると思われます。

  A thousand years of happy life be thine!
  Live on, my Lord, till what are pebbles now,
 By age united, to great rocks shall grow,
 Whose venerable sides the moss doth line.

 これだと、やはり小石が集まって巨岩になるという事がはっきりしてますね。もっとも、当時の英国は、ほぼ地質学が確立されていたので、科学的に解釈したという可能性もありますけど。あと、この英訳をみると「君が代」が天皇陛下の御代を意味しているのも明らかですね。

 ところで、地質学的には「さざれ石」が「巌」となるのは珍しい事ではなく、ごく普通の現象なのに、稀少な岩石だと誤解している人が多いようです。「さざれ石」が「巌」なったものは一般に礫岩と呼ばれます。
 例えば、みんな大好き大洗の磯前神社の海岸の鳥居が設置されている岩場は、典型的な礫岩ですね。あれは大洗層と言って、中生代白亜紀の終わりから古第三紀にかけて堆積した地層だと文献にありました。

大洗磯前神社下の海岸にある鳥居、岩場は一部に砂岩や泥岩を挟むが大部分は礫岩からできている。
DSC07525a.jpg

近づくと礫を大量に含んでいる事が判ります。まさに、さざれ石の巌となりて…ですね。
DSC07526a.jpg

色々なサイズの礫や砂などを不均質に含んでいるのが特徴です。昔の海底地滑りで出来たと考えられています。
DSC07527a.jpg

北側のひたちなか市の海岸には中生代白亜紀の地層があって、アンモナイトが見つかるので有名ですね。大洗層が中生代白亜紀の終わりから古第三紀にかけて堆積した地層とされているので、それよりもやや新しいのかもしれません。恐竜が滅びた頃の地層という事になるのでしょうか。

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年05月12日

旧天城隧道

天城山トンネル_001.jpg
今日のブラタモリのテーマは「天城越え」でした。来週は旧天城隧道が紹介されるようです。このブログ主も以前に旧街道を河津側から旧天城隧道まで歩いた事があります。今は遊歩道として街道が整備されています。
IMGP5698a.jpg
古い道路柵の支柱には安山岩の柱状節理ブロックがそのまま利用されていました。
IMGP5699a.jpg
河津側の隧道口です。トンネルの幅は3.5mしかなくかなり狭いです。それでも昔は自動車が通行していたそうです。今は静かで途中誰ともすれ違いませんでした。
IMGP5715a.jpg
レトロ調の照明。
IMGP5723a.jpg
天井の様子。
IMGP5725a.jpg
内部の様子。
IMGP5730a.jpg
湯ヶ島側の隧道口。
IMGP5738a.jpg
トンネル銘板。
IMGP5741a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2017年08月04日

日ノ出町駅のふしぎ(続)

戸部駅も調べてきました。戸部駅は、日ノ出町駅や平沼駅と違って島型のホームになっています。
aDSC09685.jpg
島型のホームなので、他の駅とやや異なった構造です。ただ新旧ははっきり見分けられます。これは横浜方向を望んだところ。手前の古めかしい鋲構造の柱を境にして奥が新しい拡張部です。
aDSC09698.jpg
これは横須賀側のホームの拡張部の境界です。鉄骨構造が異なっているのが判ります。この範囲が昭和6年の開業当時のホームなのでしょう。歩測で測ってみると50m弱ありました。平沼駅や日ノ出町駅とほぼ同じです。
aDSC09712.jpg
境界部のクローズアップです。新旧がとても判りやすいですね。昔の鉄骨構造の方が優雅なデザインに見えます。
aDSC09729.jpg
屋根と接している部分には一部に古レールも使われていますが、基本的にはトラスを併用した普通の鉄骨材を使用しています。島型ホームで屋根を片持ちで支える都合上強度が必要だったのだと思います。とはいえ昔の鉄骨構造は鉄板を鋲接して複雑な形を組んでいるので大変そうです。
aDSC09690.jpg
戸部駅から野毛(横須賀側)のトンネル方向を望んだところ。トラスの架線支持構造物は開業当時からのものと思われます。
aDSC09724.jpg
補足)
日ノ出町駅の跨線橋に使われている古レールに刻印がよく見えています。
aDSC09737.jpg
BV&CoLD 1900 KR という文字がはっきり見分けられます。先に見つけたレールと同じですね。英国ヨークシャー州のミドルスブラ「ボルコウ・ボーン株式会社」(Bolckow, Vaughan & Co.)が関西鉄道のために製造した1900年製の鉄道レールです。まだ日本が鉄道レールを製造できなかった頃。ヴィクトリア女王が存命だった19世紀の鉄道レールです。
bDSC09737.jpg

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2017年07月30日

日ノ出町駅のふしぎ

京浜急行電鉄日ノ出町駅はちょっと変わっています。品川側が直ぐにトンネルですし、ホームが異様にカーブしています。ホーム中間範囲の屋根と架線を支持している構造物は古いレールで出来ています。これは品川方向を望んだところ。
aDSC09630.jpg
これは横須賀側を望んだところです。新しい鉄骨とレールの構造物の境界が見えます。
aDSC09609.jpg
良くみるとレール構造物と鉄骨構造物の境界でホームの形式も異なっています。レール構造物の範囲はホームが駅の構造物と一体ですが、鉄骨構造物部分は、明らかに後から追加されたものです。調べて見ると、昭和6年に湘南鉄道の始発駅であった黄金町駅に、京浜鉄道が野毛山にトンネルを掘って横浜から線路を伸長させました。日ノ出町駅はその時に新設された3つの駅(他は戸部駅と平沼駅)の1つです。レール構造物の範囲は当時のホームでその後に拡張されたのでしょう。歩測で測ってみたところ50m強の長さしかありませんが、当時はそれで間に合ったのでしょうね。ホームが短かった時はカーブもさほど影響無かったのでしょうが、現在は色々と安全上の苦労もありそうです。
aDSC09616.jpg
横浜駅に近い平沼駅は、横浜大空襲で大損害を受けて廃駅となりましたが、ホームは現在も残っています。老朽化で撤去されましたが、何年か前まで架線支持のためにレール構造物が残っており、形状は日ノ出町駅にそっくりでした。ホームも非常に短くて昔の日ノ出町駅もこんな感じだったのでしょう。
aDSC_0021.jpg
古いレールを使った構造物は、いわば廃材利用と言えますが、複雑に組み合わさってアーチを描く姿はとても優雅で美しいですね。鉄骨建材が高価だった時代に古レールはポピュラーな材料でした。
aDSC09615.jpg
品川側の跨線橋にも古レールが使われています。
aDSC09608.jpg
上り線側昇降口脇の柱にはタイルモザイクで描かれた三浦半島の地図があります。
aDSC09620.jpg
裏にも地図がありました。古レールがアーチを描いています。新しく三浦半島を結ぶ駅という意気込みの象徴でしょうか?
aDSC09635.jpg
タイルモザイク地図は良くみると細かく表現されています。日ノ出町の位置のタイルが黒色です。
aDSC09638.jpg
ところで、この古レールの由来は判らないでしょうか?メーカーはどこか?年代は?何か手がかりがないかとウロウロしていたら、親切な駅員さんが刻印が残っている場所がありますよと教えて下さいました。確かに何かが見えます。
aDSC09617.jpg
読みにくいので、フォトショップでコントラスト強調してみたら、以下の文字が浮かび上がってきました。
BV&CoLD 1900 ?R
ボルコウ・ボーン株式会社(Bolckow, Vaughan & Co.)という英国イングランド北部ヨークシャー州ミドルスブラという都市にあった製鉄会社のようです。1900年製造ですから今から120年近く前の鉄道レールなのですね。最後の略号は発注した鉄道会社を示すようですが、はっきり読み取れませんでした。IJRであれば大日本帝国官営鉄道(国鉄)となります。八幡製鉄所が稼働して鉄道レールの製造を始めたのは1901年の事で、完全に国産に移行したのは1926年だそうです。このレールははるばる海を渡って英国からやってきたと思うと、見る目が違ってきますね。('-'*)
aDSC09650.jpg
というわけで今日も赤い電車が走ります。
aDSC09656.jpg
補足)
日ノ出町駅、開業直後の昭和7年の写真を発見しました。やはりホームは今より短く、古レール製の架線支持構造物も現在のままです。どうも手前にあるトラス式架線支持構造物もそのままらしい。ホームが伸長した時に埋め込まれているようです。
日ノ出町.JPG
aDSC09628.jpg
補足2)
発注者記号は最後のRしか判らなかったのですが、KR(関西鉄道)でした。関西圏のJRの元となった明治時代の鉄道会社ですね。跨線橋にもボルコウボーン1900年製レール(関西鉄道)が使われておりこらは刻印が良く残っています。
補足3)
レールに刻印があったボルコウボーン株式会社「Bolckow Vaughan&Co.Ltd」について。イングランド、ヨークシャー州のミドルスブラという町にあった製鉄会社だそうです。ミドルスブラはクエーカー教徒がつくった町で、地元の豊富な鉄鉱石と石炭の鉱床を利用した製鉄会社ボルコウボーン株式会社が発展しました。先進的な高炉技術によって成長して、日ノ出町駅の古レールを製造した1900年頃は世界有数の製鉄会社だったようです。しかし、第一次世界大戦の製品の多様化と技術革新についていけず1929年に倒産しました。ほとんど消滅といった感じだったようです。日ノ出町駅ができた1931年にはもう会社は潰れていた訳ですね。諸行無常。



posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2017年01月24日

アルジェントソーマ日記(ネタバレ注意)

AbemaTVでアニメ「アルジェントソーマ」が始まりました。大好きなアニメなので嬉しいです。Twitterのトレンドに入ったのがびっくりでした。
ハードディスクを漁ったら放映当時に作ったコピー誌の原稿が出てきました。当時の某MLで交わされた会話からの抜粋です。かなり内輪ネタに満ちていて、何の事か判らないかもしれませんが。(笑)
ネタバレがありますので、未視聴の方は最後まで御覧になってから読むことをお薦めします。
アルジェントソーマ日記.pdf
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2016年10月01日

みんなで歌おう雪の進軍!

P1150073.JPG
ガールズ&パンツァーのプラウダ戦で、偵察に出た秋山とエルヴィンが歌っていた歌です。日本の軍歌で最も有名なもののひとつでしょう。作詞、作曲を手がけた永井建子(ながいけんし)はシャルル・ルルーに師事した陸軍軍楽隊の草分け的存在で、多くの有名な軍歌や楽曲を手がけ、陸軍軍楽隊隊長も務めています。雪の進軍は永井の日清戦争従軍体験が元になっていると言われています。

雪の進軍
作詞:永井建子 作曲:永井建子
1.
雪(ゆき)の進軍(しんぐん) 氷(こおり)を踏(ふ)んで
何處(どこ)が河(かわ)やら 道(みち)さへ知(し)れず
馬(うま)は斃(たお)れる 捨(す)ててもおけず
此處(ここ)は何處(いづこ)ぞ 皆(みな)敵(てき)の國(くに)
儘(まま)よ大膽(だいたん) 一服(いっぷく)やれば
頼(たの)み少(すく)なや 煙草(たばこ)が二本(にほん)
2.
燒(や)かぬ乾魚(ひもの)に 半(はん)煮(に)え飯(めし)に
なまじ生命(いのち)の ある其(そ)の内(うち)は
堪(こら)へ切(き)れない 寒(さむ)さの焚火(たきび)
煙(けぶ)い筈(はず)だよ 生木(なまき)が燻(いぶ)る
澁(しぶ)い顏(かお)して 功名(こうみょう)談(ばなし)
「粋(すい)」と云(い)ふのは 梅干(うめぼ)し一(ひと)つ
3.
着(き)のみ着(き)のまま 氣樂(きらく)な臥所(ふしど)
背嚢(はいのう)枕(まくら)に 外套(がいとう)かぶりや
背(せな)の温(ぬく)みで雪(ゆき)融(と)けかかる
夜具(やぐ)の黍殻(きびがら) シッポリ濡(ぬ)れて
結(むす)びかねたる 露營(ろえい)の夢(ゆめ)を
月(つき)は冷(つめ)たく顏(かお)覗(のぞ)きこむ
4.
命(いのち)捧(ささ)げて 出(で)てきた身(み)ゆゑ(え)
死(し)ぬる覺悟(かくご)で 突喊(とっかん)すれど
武運(ぶうん)拙(つたな)く 討(う)ち死(じ)にせねば
義理(ぎり)に絡(から)めた 恤兵(じゅっぺい)眞緜(まわた)
そろりそろりと 首(くび)締(し)めかかる
*どうせ生(い)かして 還(かへ)さぬ積(つ)もり

**どうせ生(い)きては 還(かへ)らぬ積(つ)もり

軽快な曲調ながら、実体験に基づいた美化されないリアルな戦場描写とそこはかとないユーモアが特徴です。

「粋(すい)」とは「粋(いき)」な話のこと。それを「酸(すい)」に引っ掛けて、戦場には粋な事なんてなく、梅干しくらいだねという意味。辛酸にもかけているのでしょう。
「恤兵眞緜」とは戦場の兵士への慰問品の真綿のこと、植物の綿ではなく、絹を取る蚕の繭をほぐして作ったもので、防寒用品として昔の慰問品の定番でした。戦場の兵士への期待を真綿に例えて心理的な重圧を表現しています。「真綿で首を締めるような」という言葉もありますよね。
*は、俺たちが生還するより勇戦して戦死する事を期待しているのだろうな…という自嘲じみた結びですが、かなり際どい内容なので、昭和に入ったずっと後に、**に歌詞が修正されてしまいました。これだと真逆の意味になってしまいます。秋山とエルヴィンが歌っていたのはこれです。
もちろん永井には反戦的な意図など無く、素直に戦争を描写したのだと思います。大半の兵士が気にせずに歌っていたようですし、大山巌元帥はこの歌が大のお気に入りだったそうです。明治は大らかな時代だったのでしょう。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2015年06月26日

大洗のフェリーについての補足

「さんふらわあ さっぽろ」旧名「ばるな」、ばるなとはインドのヴァルナ神の事である。日本では水天宮と呼ばれており海運の神様として信仰されている。これはガルパン北海道ツアー帰還時の写真。
DSC03946a.jpg
「さんふらわあ しれとこ」(旧名:ニューれいんぼうべる)と「さんふらわあ ふらの」(旧名:へすていあ)のツーショット。なんと、さんふらわあしれとこはベル君だ!!ちなみに姉妹船「ニューれいんぼう らぶ」があった。恥ずかしい船名禁止!! やはり大洗で就航している「さんふらわあ だいせつ」が旧「ニューれいんぼうらぶ」なんですね。「ベル君、大洗ではボクと君がラブラブなんだぜ!」偶然とは言え恐ろしい。('-'*)
DSC02805a.jpg

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション