2016年10月01日

みんなで歌おう雪の進軍!

P1150073.JPG
ガールズ&パンツァーのプラウダ戦で、偵察に出た秋山とエルヴィンが歌っていた歌です。日本の軍歌で最も有名なもののひとつでしょう。作詞、作曲を手がけた永井建子(ながいけんし)はシャルル・ルルーに師事した陸軍軍楽隊の草分け的存在で、多くの有名な軍歌や楽曲を手がけ、陸軍軍楽隊隊長も務めています。雪の進軍は永井の日清戦争従軍体験が元になっていると言われています。

雪の進軍
作詞:永井建子 作曲:永井建子
1.
雪(ゆき)の進軍(しんぐん) 氷(こおり)を踏(ふ)んで
何處(どこ)が河(かわ)やら 道(みち)さへ知(し)れず
馬(うま)は斃(たお)れる 捨(す)ててもおけず
此處(ここ)は何處(いづこ)ぞ 皆(みな)敵(てき)の國(くに)
儘(まま)よ大膽(だいたん) 一服(いっぷく)やれば
頼(たの)み少(すく)なや 煙草(たばこ)が二本(にほん)
2.
燒(や)かぬ乾魚(ひもの)に 半(はん)煮(に)え飯(めし)に
なまじ生命(いのち)の ある其(そ)の内(うち)は
堪(こら)へ切(き)れない 寒(さむ)さの焚火(たきび)
煙(けぶ)い筈(はず)だよ 生木(なまき)が燻(いぶ)る
澁(しぶ)い顏(かお)して 功名(こうみょう)談(ばなし)
「粋(すい)」と云(い)ふのは 梅干(うめぼ)し一(ひと)つ
3.
着(き)のみ着(き)のまま 氣樂(きらく)な臥所(ふしど)
背嚢(はいのう)枕(まくら)に 外套(がいとう)かぶりや
背(せな)の温(ぬく)みで雪(ゆき)融(と)けかかる
夜具(やぐ)の黍殻(きびがら) シッポリ濡(ぬ)れて
結(むす)びかねたる 露營(ろえい)の夢(ゆめ)を
月(つき)は冷(つめ)たく顏(かお)覗(のぞ)きこむ
4.
命(いのち)捧(ささ)げて 出(で)てきた身(み)ゆゑ(え)
死(し)ぬる覺悟(かくご)で 突喊(とっかん)すれど
武運(ぶうん)拙(つたな)く 討(う)ち死(じ)にせねば
義理(ぎり)に絡(から)めた 恤兵(じゅっぺい)眞緜(まわた)
そろりそろりと 首(くび)締(し)めかかる
*どうせ生(い)かして 還(かへ)さぬ積(つ)もり

**どうせ生(い)きては 還(かへ)らぬ積(つ)もり

軽快な曲調ながら、実体験に基づいた美化されないリアルな戦場描写とそこはかとないユーモアが特徴です。

「粋(すい)」とは「粋(いき)」な話のこと。それを「酸(すい)」に引っ掛けて、戦場には粋な事なんてなく、梅干しくらいだねという意味。辛酸にもかけているのでしょう。
「恤兵眞緜」とは戦場の兵士への慰問品の真綿のこと、植物の綿ではなく、絹を取る蚕の繭をほぐして作ったもので、防寒用品として昔の慰問品の定番でした。戦場の兵士への期待を真綿に例えて心理的な重圧を表現しています。「真綿で首を締めるような」という言葉もありますよね。
*は、俺たちが生還するより勇戦して戦死する事を期待しているのだろうな…という自嘲じみた結びですが、かなり際どい内容なので、昭和に入ったずっと後に、**に歌詞が修正されてしまいました。これだと真逆の意味になってしまいます。秋山とエルヴィンが歌っていたのはこれです。
もちろん永井には反戦的な意図など無く、素直に戦争を描写したのだと思います。大半の兵士が気にせずに歌っていたようですし、大山巌元帥はこの歌が大のお気に入りだったそうです。明治は大らかな時代だったのでしょう。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177097983

この記事へのトラックバック