2019年10月23日

吾妻ひでお先生(1)

 私は現在「ななこファンクラブ」(吾妻ひでお先生の作品である「ななこSOS」に登場するすーぱーがーる)である「すーぱーがーるカンパニー」の概ね名目上の代表を務めています。というのも本来の代表である飯田橋修一(odessa)こと後藤修一氏が昨年2018年の7月に亡くなり、急遽コミケのサークル代表を変更する必要が生じたからです。私はファンダム活動や同人活動の経験が乏しくて、力不足は明らかなのですが、後藤氏が体調を崩されてからは、コミケ関係の事務手続きの代行等を行ってきましたので、雑兵ながら事後処理を行って方向を模索している感じでしょうか。
 もっとも、吾妻ひでお先生の作品は昔から好きですし、SFも子供の頃から読み込んでおりました。最初に読んだ作品は「きまぐれ悟空」だと思います。その後も「ふたりと5人」とか「チョッキン」と続きましたが、更に続く吾妻ひでお作品からだんだんとSFの臭いを感じるようになりました。決定的だったのは、大学の時の友人が(地方の本当に田舎にある大学でした)夜道を延々とスーパーカブを何十キロも走らせて、国道沿いの雑誌自動販売機で「劇画アリス」というエロマンガ雑誌を探索して買っていた事でした。見せて貰ったのが「不条理日記」だったのです。
 それからは、ずっとオタクという言葉も知らず、ファンダムやファンジン、コミケも同人誌も知らなかったのですが、野生のオタクあるいはスタンドアローンのマニアとして、社会人になり随分経ってからファンダムの世界を知りました。でも、吾妻ひでお作品やSF好きは一貫していたと思います。



アル中病棟b.jpg
(クリックで拡大)

 これは本当にウチの家宝なのです。コミケの同人誌頒布で自分が雑兵として参加した時に、吾妻先生が皆さんで分け下さいと、かなり大量に差し入れられたイラストの1枚でした。これが欲しくてたまらず、他の人々の注意が美少女に向かっているうちにゲットしました。(笑)
 アル中病棟のボツ原稿。何でボツになったのかわからない。鉛筆の線が緻密で美しいです。上はそのうちの一コマです。ベンチに座った先生、向こうから歩いて来る母と娘がなんとも言えず、引き込まれるようです。
 印刷物になった先生の絵はシンプルに見えるけど、原画を見ると細かく描き込みがありますね。
 吾妻先生は何かお手伝いするたびに、私みたいな雑兵にまで絵を律儀にプレゼントされてました。確認したら結構たまっていました。
 私は雑兵なんで、吾妻先生とお話する勇気はなかなかありませんでした。一度だけお話しましたが、会話の内容は全く覚えていません。それくらい緊張していたのですね。(笑)
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記