2019年10月23日

吾妻ひでお先生(1)

 私は現在「ななこファンクラブ」(吾妻ひでお先生の作品である「ななこSOS」に登場するすーぱーがーる)である「すーぱーがーるカンパニー」の概ね名目上の代表を務めています。というのも本来の代表である飯田橋修一(odessa)こと後藤修一氏が昨年2018年の7月に亡くなり、急遽コミケのサークル代表を変更する必要が生じたからです。私はファンダム活動や同人活動の経験が乏しくて、力不足は明らかなのですが、後藤氏が体調を崩されてからは、コミケ関係の事務手続きの代行等を行ってきましたので、雑兵ながら事後処理を行って方向を模索している感じでしょうか。
 もっとも、吾妻ひでお先生の作品は昔から好きですし、SFも子供の頃から読み込んでおりました。最初に読んだ作品は「きまぐれ悟空」だと思います。その後も「ふたりと5人」とか「チョッキン」と続きましたが、更に続く吾妻ひでお作品からだんだんとSFの臭いを感じるようになりました。決定的だったのは、大学の時の友人が(地方の本当に田舎にある大学でした)夜道を延々とスーパーカブを何十キロも走らせて、国道沿いの雑誌自動販売機で「劇画アリス」というエロマンガ雑誌を探索して買っていた事でした。見せて貰ったのが「不条理日記」だったのです。
 それからは、ずっとオタクという言葉も知らず、ファンダムやファンジン、コミケも同人誌も知らなかったのですが、野生のオタクあるいはスタンドアローンのマニアとして、社会人になり随分経ってからファンダムの世界を知りました。でも、吾妻ひでお作品やSF好きは一貫していたと思います。



アル中病棟b.jpg
(クリックで拡大)

 これは本当にウチの家宝なのです。コミケの同人誌頒布で自分が雑兵として参加した時に、吾妻先生が皆さんで分け下さいと、かなり大量に差し入れられたイラストの1枚でした。これが欲しくてたまらず、他の人々の注意が美少女に向かっているうちにゲットしました。(笑)
 アル中病棟のボツ原稿。何でボツになったのかわからない。鉛筆の線が緻密で美しいです。上はそのうちの一コマです。ベンチに座った先生、向こうから歩いて来る母と娘がなんとも言えず、引き込まれるようです。
 印刷物になった先生の絵はシンプルに見えるけど、原画を見ると細かく描き込みがありますね。
 吾妻先生は何かお手伝いするたびに、私みたいな雑兵にまで絵を律儀にプレゼントされてました。確認したら結構たまっていました。
 私は雑兵なんで、吾妻先生とお話する勇気はなかなかありませんでした。一度だけお話しましたが、会話の内容は全く覚えていません。それくらい緊張していたのですね。(笑)
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

吾妻ひでお先生ご逝去

吾妻ひでお先生.JPG
(2019/10/21のNHKの報道より)

 昨日、友人から吾妻ひでお先生が亡くなったと連絡があり、まもなく各メディアから報道がありました。ニュースは非常に広範囲で扱われており、吾妻先生の作品の影響力を改めて感じました。半月ほど前に、緊急入院されたと聞いて心配していたのですが。まことに残念です、御冥福をお祈りいたします。
 永らく吾妻ひでおファンダムを運営していて、一昨年亡くなった、後藤修一氏の遺品を整理していて見つけた吾妻先生の複製版画を引き取って、不条理日記完全版読了記念として壁に飾ったところでした。その次の日の台風の最中に先生は亡くなったのですね。実は緊急入院の話が深刻そうだったので、吾妻先生お亡くなりになるんじゃないかという予感はちょっとありました。でも現実になってしまうと本当にショックです。前にも書いたように、現在、後藤氏の遺品整理をしているのですが、それは吾妻ひでお作品の整理をしていると言っても過言ではなかったりするので尚更です。
 吾妻先生の「失踪日記」がイタリアの賞を受賞してましたが。翻訳されたのは今年だったそうで、それが直ぐに評価されるだけのポテンシャルがある訳ですね。報道が「失踪日記」を代表作にしていましたが、それも仕方がない事でしょう。出版された直後から話題になって、どこの書店でも平積みで置かれていた時は本当に嬉しかったです。日本でもあらゆる賞を受けていたし。それまでの大変な(ご本人にとってもご家族にとっても)時期があったので尚更です。
 でも、「失踪日記」が代表作というのに違和感があるというのも判らないでもありません。若い人に説明するのは難しいけど、ある時期のオタク業界は読者も作者も大なり小なり吾妻ひでおに感染していた印象でした。吾妻ひでおが居なければ「美少女」や「萌え」といったコンテンツは今とは違ったものになっていたかもしれない。現在のアニメやマンガの多くが吾妻ひでおの恩恵を受けていると言っても過言ではありません。その点ではマンガの神様手塚治虫に匹敵する存在ですし、その漫画の神様でさえも吾妻ひでおの影響から無縁ではなかったと私は思っています。
 吾妻ひでおの作品を読んで無い方には、出たばかりの「不条理日記(完全版)」(復刊ドットコム)をお薦めします。個人の感想ではありますが、吾妻ひでおのエッセンスが濃厚に詰まった作品が集まっています。吾妻先生の作品は多くが入手可能です。ぜひ読んでみて下さい。読んでない人がうらやましいくらいです。

吾妻ひでお先生のお葬式については以下のようにTwitterで案内されていました。

葬儀案内.JPG

お別れの会には是非参加したいと思います。

 以前に、吾妻先生の同人誌頒布のお手伝いをして、描いて頂いたミャアちゃんの絵があるんですが。これを模写したものが私のアイコン絵になっています。メチャメチャヘタだけど。(^_^;
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記