2015年09月23日

フォルクスワーゲンの不正問題

 VWの不正は一部のタイヤだけが回る等の状況を検知し、テストモードに切り替えるという仕組みようです。ベンチマークテストの時だけ高性能を出すように細工されたパソコンみたいなものです。ソフトを改修しても大幅な性能低下は避けられないとのこと。
 アメリカはディーゼルが普及していないので、セタン価(ガソリンでオクタン価に相当)の低い軽油しか販売しておらず、アメリカ向けにエンジンの大幅改修を回避するために不正を行った可能性もあるとのこと。しかし、ソフトウェアによる細工が巧妙で不正が無い場合基準値の40倍というのは大きすぎる。
 現在はヨーロッパでも同様の不正が行われていないか疑われているとのこと。また該当するエンジンはアウディの一部にも搭載されているらしい。フォルクスワーゲンに留まらず、クリーンディーゼル車全体に波及しそうですね。
フォルクスワーゲン_001.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記