2015年09月22日

ビクトリーショー

昨日は浜松町の都産貿最後のビクトリーショーなんで行ってきました。色々なイベントに参加した思い出深い場所ですが自分が足を運ぶのは今日が最後にるでしょう。行ったら声優の中村桜さんが、ご自身でSakura NeoMilitary Songs2を売っておられました。前回の7月5日は取材で来られていたのですか、その時の映像がニコ動にアップされていました。持ち込み分は完売だそうで良かったですね。ネミソン2はイタリア軍の偉い人、吉川先生が翻訳作詞されたイタリア軍コマンドの軍歌「黒い襟章」などが収録されています。ガルパンOVAでも使っていた曲です。当方でも強力させていただいたネミソン1と共に書泉グランデやとらの穴等で通販しているそうです。
ネミソン2.JPG
ネミソン1.JPG

 以下は余談。

 ビクトリーショーに行って、放出中古装備みていて思い出したこと。あれは地下鉄サリン事件の直後、某ミリタリショップで、お客も少なくなった夜に世間話をしていたのです。その時点ではサリンが使用した事は判っていたけど、犯人は特定されていなかった。まあ、あそこだろうとは思ったけど。
 神経ガスがテロで使われるなんて恐いね〜と話をしていたら、スーツをかっちり着込んだ若い男性が店に入ってきました。そして「ガスマスクをください」というのです。名刺みると誰もが知っている大新聞の記者で、上司からミリタリショップでガスマスク買って取材に行ってこいと言われたとのこと。
 当然ながら、店主、店員、そして我々客も、やめろと全力で説得しました。これは放出品で吸収缶は期限切れだし、神経ガスに対応した装備ではない、サリンは皮膚からも吸収されるのでマスクだけでは役に立たない。そもそも、取材でも警察や自衛隊が立ち入り禁止にしているところに入ってはいけない。なまじ、安全だと錯覚するのが一番危険ですよと。。。。
 しかし、電話して「やはり、上から買ってこいと言われました」という話に。これが一社で済まなかったのが、とても恐かったです。日本のマスコミが軍事音痴と言ってもこれは酷すぎるというのが、その場にいた全員の感想だったと思います。
 二度目のサリンテロがなくて本当に良かったですね。あれを思うと、現在安全保障について報道しているマスコミが、今はどれだけ進歩したのかなと思う事があります。新聞社には、軍事専門記者もいると思うのだけど、確認しなかったのだろうか。自分の生命の危険に対してさえも無頓着なのが、可哀想な気がしました。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記