2015年06月29日

響け!ユーフォニアムなのです!!

ACRYLICSTAB アコースティックワンマンライブ ”深海に降る音 8”に行ってきました。場所は四谷のメビウスです。ゲストは声優の中村桜さんです。時間があったので前から気になっていた四谷消防署にある消防博物館に行ってきました。もしかしたら、東京消防庁音楽隊に関する展示が無いかと思ったのです。
DSC09945a.jpg
実は東京消防庁音楽隊は帝国海軍軍楽隊をルーツとしています。創設が決定された昭和23年に採用された23名の隊員は全て元海軍軍楽隊員でした。隊長は内藤清五元軍楽少佐です。内藤清五少佐は「軍艦行進曲」で有名な軍楽隊長瀬戸口藤吉に師事した後に東京音楽学校で学んだ、海軍屈指の名軍楽隊長でした。軍楽隊で最初に少佐になった人でもあります。戦後は東京消防庁音楽隊隊長として活躍しました。博物館のなかにはちゃんと音楽隊のコーナーがありました。
DSC09979a.jpg
ふとみると、展示品のコルネットが海軍から受け継いだものでした。錨のマークが付いているそうです。戦後も長く使用していたようですね。
DSC09977a.jpg
脇をみるとユーフォニアムがっ!!これも錨のマーク付きの海軍時代からのものだそうです。
DSC09983a.jpg
ちなみに、(小)バスと書いているように、英式のユーユォニアムよりは仏式のサクソルン・バス(saxhorn basse)に近い?ただ、なんとなく両者の折衷のような形状に見える気もするのですがどうなんでしょうね?
ユーフォニアムは人気のアニメ「響け!ユーフォニアム」でヒロインの久美子が使っている楽器ですが、もう1人のヒロイン麗奈は原作小説ではトランペットだけでなくコルネットも吹いています。それが揃っているのが面白いです。
これらの楽器はかつて、帝国海軍の艦艇の上で演奏に使用された事もあったかもしれませんね。「軍艦行進曲」の演奏に使われたのはまず確実でしょう。ライブで中村桜さん歌われた1曲目は「エーリカ」2曲目は「軍艦行進曲」でした。「エーリカ」をライブで聴けたのも言葉にならないくらい嬉しかったですが、直前にこれらの楽器を観ていたので「軍艦行進曲」にも感動しました。




posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月26日

大洗のフェリーについての補足

「さんふらわあ さっぽろ」旧名「ばるな」、ばるなとはインドのヴァルナ神の事である。日本では水天宮と呼ばれており海運の神様として信仰されている。これはガルパン北海道ツアー帰還時の写真。
DSC03946a.jpg
「さんふらわあ しれとこ」(旧名:ニューれいんぼうべる)と「さんふらわあ ふらの」(旧名:へすていあ)のツーショット。なんと、さんふらわあしれとこはベル君だ!!ちなみに姉妹船「ニューれいんぼう らぶ」があった。恥ずかしい船名禁止!! やはり大洗で就航している「さんふらわあ だいせつ」が旧「ニューれいんぼうらぶ」なんですね。「ベル君、大洗ではボクと君がラブラブなんだぜ!」偶然とは言え恐ろしい。('-'*)
DSC02805a.jpg

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2015年06月22日

フェリー「さんふらわあ ふらの」(旧名へすていあ)と大洗「海の月間イベント」

ボクは「ふらの(へすていあ)」津波が大洗を襲った日、ボクは大洗港に停泊していたんだ。直ぐに出港して回避できたけど、大洗の被害は辛かった。沖に出るまで鳴らした汽笛で避難した人もいたらしいよ。今度ボクに乗ったらそんな事も思い出して欲しいな。

フェリー「へすていあ」について(Wikipedia)

フェリー「さんふらわあ ふらの」と震災についてはこちらを参照。

DSC02803a.jpg
DSC02906a.jpg
ところでベル君、チャンスだ!大洗でボクの一般公開があるというんだ。名前は変ってるけどフネは同じさ。一緒に美味しいモノでも食べようじゃないか。

というわけで、7月12日に大洗でヘスティア様(現さんふらわあ ふらの,旧名へすていあ)の公開あります。

 大洗「海の月間」イベント 艦艇公開in大洗

 護衛艦やフェリーに加えて海上保安庁の巡視船の公開も行われるようですね。船名は書かれていませんが、大洗にいるのは、びざん型巡視船「あかぎ」です。ウォータージェット推進の高速船です。DSC07417a.jpgDSC07421a.jpgDSC07432a.jpgDSC07437a.jpg
「あかぎ」の20ミリ多銃身機関砲(バルカン砲)このクラスは途中からスクリューがウォータージェットに変更、武装も強化されました。北朝鮮工作船を取り逃がした教訓によるもの。慢心はだめ。バルカンの別名はヘファイトスなんだせベル君!
DSC07429a.jpg
護衛艦「ちくま」はあぶくま型のDE(小型護衛艦)です。DEは古くなり数も多くないので見学できるのは貴重なチャンスだと言えます。(写真は海上自衛隊ウェブサイトより)
233_01l.jpg

艦艇公開イベントの一環として、7月11日にはガールズ&パンツァーの公開ラジオ収録も行われるそうです。我がブログで贔屓にしている声優中村桜さんも参加されます。楽しそうですね!!





posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2015年06月14日

護衛艦いずも

横須賀の乗り物フェスタの一般公開で護衛艦いずもを見学してきました。
護衛艦いずも(これは先々月撮影)
DSC09129a.jpg
とにかく大きいです。排水量は約2万トンですが、全長は248m、昔の正規空母である蒼龍や飛龍の約220m、加賀の240mより大きい。
DSC09887a.jpg
本当に長大な船体が目を惹きます。赤城や翔鶴、大鳳クラスの全長約250mとほぼ同等です。エンクローズドバウは大鳳を思わせますね。
DSC09824a.jpg
いずもには日本の艦艇としてはじめてサイドエレベーターが採用されました。舷外に機体がはみ出してもOKなので搭載機の自由度が大きくなります。
DSC09833a.jpg
格納庫は実に広大な空間でした。
DSC09775a.jpg
たぶん300人くらい乗っている。
DSC09536a.jpg
アイランドが右舷にあるのは昔の日本空母の最終形態と同じ。全通甲板の大きさは正規空母なみの筈。色々と想像していた。
DSC09478a.jpg
だっちゃ! 近接防御システムはCIWSとRAMが2セット。
DSC09639a.jpg
いずも見学の他にもう一つの目的は、この写真の場所を特定する事。空母翔鶴の進水の写真だが、建造された第二船台から海に入った直後だと思われる。位置的には第三船台の付近だろう。
翔鶴a.jpg
色々考えた結果、おそらくこの場所だと推定した。第二船台との位置関係や岸壁の形も一致する。今はコンクリートで固められているが、当時はこの写真の奥に第三船台が、更に奥には第二船台があった。
DSC09911a.jpg
いずもからは対岸の旧横須賀海軍工廠施設も良く見ました。これは第四船渠です。明治時代の主力艦や後の巡洋艦クラスが利用しました。航空母艦龍驤の航空母艦としての艤装が行われたのもここです。
DSC09493a.jpg
これは第五船渠、長門クラスの戦艦、赤城クラスの大型空母に対応した超大型船渠でした。日本の大型艦の多くがこの船渠を利用してします。奥にイージス艦の一部と赤白クレーンが見えているのは艤装工事などを行った小海岸壁です。
DSC09492a.jpg
最後は友人と魚藍亭でカレーを食べて帰りました。








posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記