2019年03月09日

「荒野のコトブキ飛行隊」羽衣丸考察(続)

先の考察が凄く大ざっぱなものだったので、もう少し掘り下げてみよう。

ツェッペリン7.JPG
2隻のイジツ飛行船が並んでいる。上が羽衣丸である。街と比べて非常に巨大である事が推測される。

ツェッペリン6.JPG
隼T型の発艦シーンである。羽衣丸の飛行甲板兼格納庫は船体構造に組み込まれ、かなり強度もありそうだ。幅は少なくとも30mで高さは10mはありそうだ。飛行甲板兼格納庫の天井にはかなり太い梁が見えており、このボックス状の構造が船体の竜骨の役割を果たしている可能性がある。たぶんこの区画より上にヘリウムガスの気嚢が並んで収められているのだろう。目測では船体下部の2〜3割は気嚢以外の設備になっているものと思われる。その分浮力が減るので不利になるが、そういった飛行船がない訳ではない。

ツェッペリン10.JPG
世界一周飛行で有名なLZ127グラーフ・ツェッペリン号である。LZ127は10万m3の気嚢のうちで7万m3が水素ガスで、残りの3万m3に燃料のブラウガス(エチレン系可燃性ガス)が収められていた。

ツェッペリン8.jpg
船体が充分に大きければ、アニメと同じような見た目でブラウガスの区画に飛行甲板兼格納庫がすっぽり収まりそうだ。

ツェッペリン5.JPG
ブラウガスの区画は船体の全長に及んでいるので、飛行甲板兼格納庫と置き換える事ができそうです。もちろん船体が大きければですが。

ツェッペリン9.JPG
羽衣丸は全体的な形状はLZ129ヒンデンブルク号に似ています。数は多いですが発動機の装備法も同じです。

アクロン.JPG
ただし、直線的な尾翼の形状はアメリカ海軍の軍用飛行船アクロン号に似ている気もします。アクロン号はヒンデンブルク号とほぼ同じ大きさの巨大飛行船でした。また羽衣丸と同じくヘリウム飛行船であり、船内に飛行機格納庫を有し、5機の小型機を搭載できました。発艦と収用は船体下部にあるアームとフックで行います。

アクロン2.JPG
格納庫内で吊り下げられた複葉機。

アクロン3.JPG
船外に吊り下げられた機体。

羽衣丸がLZ129ヒンデンブルク号やアクロン号の全長で約2倍というのは映像をみる限りでは妥当なようです。全体のフォルムはLZ129ヒンデンブルク号、ヘリウムや航空艤装はアクロン号、内部構造はLZ127グラーフ・ツェッペリン号と共通点があるといったところでしょうか。
ここでは、アクロン号を2倍にして本来のヘリウム気嚢の3割のスペースが航空艤装や居住区に当てられていると考えて羽衣丸のスペックを推定してみましょう。

アクロンの全長が約240mですから「480m」、直径が約41mですから「82m」、ガス体積が184000m3ですからその8倍に0.7を掛けて「103400m3」、同じ要領で、総浮力が「1025トン」、ペイロードが「465トン」、船体重量はペイロードと概ね同じだそうなので「約500トン」になるようです。前の推定より厳しくなっているのはガス嚢の容積が大幅に減ったのと、ヘリウムを使っているせいです。
ざっくり、浮力が1000トン、船体重量500トン、ペイロード500トン。予備浮力がたくさん要るかと誤解していたのですが、浮力と重量が釣り合っていれば良いようです。飛行船は静的な力だけでなく、動くので昇降舵や方向舵の動的な力と、ある程度は揚力も生じるようですね。逆に飛んでいるうちに、物資を消費してどんどん船体が軽くなるのでバラストの確保が必要なのだそうです。水素はガスを抜く事ができますが、ヘリウムは高価で捨てるのが許されないので苦労したようですね。飛行中に遭遇した雨水を溜めたり、エンジンの排気から水を分離してバラストとして利用したりしたようです。

改めて、船体重量500トン、ペイロード500トンで羽衣丸が実現できるのでしょうか。工夫すればなんとかなる気もしますが、とにかく船体の軽量化は絶対に必要でしょうね。







posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2019年03月06日

「荒野のコトブキ飛行隊」羽衣丸考察

荒野のコトブキ飛行隊。羽衣丸が巨大なのは判るけど、あんな空中空母化するための浮力をヘリウム飛行船で実現するのは可能なのだろうか?
羽衣丸に似ているドイツの飛行船ヒンデンブルクLZ129は構造材がジュラルミンと張り線。表面はドープを塗った綿布。内部に複数のガス嚢が収められていた。羽衣丸も飛行甲板の上はガス嚢が詰まっているのだろう。二式複戦で破壊したのは各ガス嚢の排出弁?
有名なヒンデンブルクの火災は表面に塗ったドープに含まれているアルミニウム粉末が静電気で発火したと言われている。ヘリウム飛行船でも火災は起こっただろうがあそこまでは拡大しなかったと思われる。ツェッペリン社はその後火災対策をしている。それまでは水素の運用で発火はなかったし、羽衣丸と同じく本来の予定通りにヘリウムを使用していたら別な飛行船の歴史があったかもしれない。
ヘリウムは希少物質でアメリカでしか生産していなかった。ヘリウムは宇宙的には水素に次いで二番目に多い物質で、最初に太陽の分光分析で発見されたように、太陽にも多いが、地球上では天然ガスに僅かに含まれているだけです。だから非常に高価だった。もっとも水素飛行船にもメリットはあり、ヘリウムより軽いのでペイロードに余裕が出来る。安価なので、操船で浮力を減らしたい時に気楽に排出できた。ヘリウムは高価で補充が容易でなく、捨てるのは厳禁だったらしい。羽衣丸は損傷修理も含めて相当な損害と思われる。マダムもアタマが痛いかな?

マダム「経費削減のために水素使うわよ!」

とかなりませんように。('-'*)

さて、羽衣丸の「クラウドベース」化(知っている人いるかな?)についてちょっと考察してみよう。あくまでも大ざっぱな推測なので数字おおよそのものである。

まずドイツの飛行船LZ129ヒンデンブルクを見てみよう。全長245m、幅41.2m、容積20万m3という巨大な飛行船である。容積をガス嚢の容積だと単純化すると20万m3の空気がもつ質量は240トンとなる。水素ガスは17トンだからヒンデンブルクの浮力は最大で223トンである。ヒンデンブルクのペイロードは資料によると60トンである。つまりあれだけ巨大だけど、船体の重量は163トン以下しか無いという事になる。予備浮力が必要だから船体構造は実際にはもっと軽く作られている筈だ。見た目は空飛ぶ戦艦だけど船体そのものの自重は100トンそこそこしかない事になる。
世界一周したグラーフツェッペリンは容積が半分の10万m3しかない。ペイロードは30トン、積載量が容積に比例している事が判る。ただし、容積あたりの構造重量は飛行船が大きくなるほど低減傾向にあるらしい。以上は水素を使用した場合だが、ヘリウムを使うと重いので1割程性能が低下する。
ヒンデンブルク程度の性能では空母運用は不可能だと思われる。もっとも相似形だけど、羽衣丸はヒンデンブルクより遙かに大きい。仮に全長で2倍の490mとすると容積は8倍の160万m3となり、ヘリウムを使った場合の浮力理論値は1650トンで、幅はあるがペイロードは500トンくらいになりそうである。ネットでは全長400mという推測もあった。羽衣丸は全長でヒンデンブルクの約2倍というのは妥当な推測ではないかと思う。
ざっくり船体重量1000トン、積載量500トンといったところ。船体構造について船体巨大化による重量比の低減が見込めるので、飛行甲板や航空機運用のための諸設備の重量もクリアできそうな気がする。これならば工夫すれば「クラウドベース」羽衣丸が実現できるのではないか。パイロットは女の子だし。飛行甲板は自衛用の航空機搭載用でもあり、500トンの貨物積載スペースと考えると納得いく。500トンあれば10機程度の戦闘機と燃料や交換部品を積んでも余裕があるだろう。コトブキ飛行隊だけならば、貨物も多く搭載する事が可能だと思われる。

ツェッペリン1.jpg
LZ130グラーフツェッペリンUの解説図。これは世界一周したLZ127ではなく、LZ129ヒンデンブルクの姉妹船です。ヒンデンブルクの事故のために結局就航する事はありませんでした。形状は羽衣丸に良く似ています。羽衣丸はこれを拡大して下部の旅客区画に全通飛行甲板を通している。飛行甲板の両側に居住区があるのでしょう。搭載している機関はディーゼルでした。余談ですがLZ127の動力だけはちょっと特殊で、LPGのようなブラウガスというガス燃料を使う機関を搭載していました。

ツェッペリン4.jpg

ツェッペリン3.jpg

ツェッペリン2.jpg
建造中のLZ127グラーフツェッペリンです。硬式飛行船の精緻を極めた構造が凄いです。初期の構造材はアルミニウムでしたが、後にジュラルミンになったそうです。荒野のコトブキ飛行隊の世界ではユーハングから持ち込まれた超々ジュラルミンが活用されているかもしれませんね。


posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2019年03月03日

駆逐艦不知火の錨

先日、海上自衛隊の「あさひ型」汎用護衛艦「しらぬい」が就役しました。「しらぬい」は漢字で書くと「不知火」であり、帝国海軍時代の駆逐艦を含めると三代目になります。両国で初代の錨が保存されていると聞いて行ってきました。
DSC07484a.jpg
場所は両国小学校です。両国小学校は小説家芥川龍之介の母校であり、その文学碑があります。駆逐艦不知火の錨二つがその脇に展示されていました。道路から見ることができますが現在はネットが張られていてやや見にくくなっています。
DSC07490a.jpg
錨は2つあり、保存状態は比較的良いです。これは1つ目。
DSC07493a.jpg
2つ目の錨です。
DSC07489a.jpg
錨の由来を書いたプレートもあります。除籍されたときに購入してスクラップとして解体した業者がたぶん隅田川沿いにあって、近くの小学校に寄贈したようです。
DSC07499a.jpg
錨の上部。不知火の錨は「マーチンスアンカー」という形式で大きさは違いますが戦艦三笠の錨とほぼ同形式です。上部に鋭角的な突起(ストック)があるのが特徴で、主に19世紀後半の艦艇で多用されましたが、20世紀に入ってからストックレスアンカーにとって代わりました。
DSC07498a.jpg
中部。やや旧式な形式の錨であると言えるでしょうか。
DSC07497a.jpg
下部。確認出来ませんでしたが、刻印があり、BROWN LENOX & C(ブラウン レノックス社)というメーカー名と1898年という製造年が読み取れるそうです。
不知火.jpg
初代駆逐艦不知火は東雲型の4番艦で1899年5月13日、イギリスのソーニクロフト社で竣工し、当初は水雷艇とされたが後に駆逐艦に類別された。1904年、日露戦争が勃発した際には第2艦隊第5駆逐隊に所属しており、旅順口攻撃、黄海海戦、日本海海戦、樺太の戦いなどに参加した。1922年4月1日、特務艇に編入。1923年8月1日、雑役船に編入され、1925年2月25日に廃船となった。 326トン、30ノット。日本最初の駆逐艦グループ12隻のうちの1隻だった。艦首がタートルバックになっているのは最初期の駆逐艦の特徴です。
駆逐艦不知火_001.jpg
駆逐艦不知火(しらぬい)三代は駆逐艦の歴史を体現していますね。新しい「しらぬい」の活躍を祈ります。

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月22日

ヒットラー少年

後藤修一さんがお亡くなりになりました。非常に残念です。御冥福をお祈りいたします。
後藤さんには色々な側面がありますが、水木しげる先生の感想をご紹介しましょう。

IMG_6819.jpg

『日本読書新聞』1984年4月30日号
「わが友 ヒットラー少年 鬼太郎と桃太郎をあわして……」

 後藤修一氏は、一四、五年前だったか、ぼくが「ヒットラー」をかこうとしたとき、桃太郎のような顔をして突然現れ、「ヒットラー」の漫画が出れば世界中で、ぼくが一番喜ぶでしょうな」といったような、独話とも夢話ともつかぬ言葉を発し「ヒットラー」のストリーについて、無料で全面奉仕するから協力させてくれということだった。
 たしか高校三年位だったろうか、話をきくと「ヒットラー」のこととか、戦争のことなどだけでなくドイツ文化≠ノついてもくわしかったとつけ加えておく。氏は、それ以来毎週のようにあらわれ、ヒットラーについてのシナリオやら助言を桃太郎のような顔つきで、されるのだった。
 我が家では誰いうとなく、氏をヒットラー少年≠ニ呼ぶようになった。それほど氏は、ヒットラーについてくわしく……というより「ヒットラー」から生まれた少年みたいだった。その頃、「漫画サンデー」に連載していた「ヒットラー」が長かったから、しぜん親しくなり横浜の伊勢佐木町のハンドバックやカバンを売っているお店にうかがった。ハンドバック屋の三階の屋根裏部屋みたいなところが氏の部屋だった。一人息子らしく部屋を全部占領していてかなり広く、友達なんかいてにぎやかだった。氏は鬼太郎と桃太郎を合わしたみたいな顔でニヤニヤしておられたわけだが、世の中には変わった少年もいるものだというのがぼくの印象だった。
 話は戻るが、二、三年前からぼくのアシスタントの友人と称する丸坊主の男が、ぼくの家に出入りしはじめていた。とにかく、入道のような坊主で下駄をはいていたのだから、ひどく目立つ。又この坊主はよく電話をかけてくる。その電話のかけ方が、少年とは思えぬほど落ちついているのだ。世の中には面白い人がいるものだと思っていると、なんとこの坊主は「ヒットラー少年」の知合いだったと聞いておどろいた。しかも、お互にかのゴジラとかキングコングといった特集もののなどについて、バカにくわしい。しかも、その坊主が日本で一番くわしい、という話をきかされ二度おどろいた。
 その後「ヒットラー少年」は、ナチス時代の軍需相のシュペーアとか、親衛隊長ヒムラーの娘などとドイツに行って話をしたり、日独協会の青年部の委員長になったりして、大へんなドイツ通になっておられる。全く年月のたつのは早いものだ。マスコミのみなさま「ヒットラー」のことについて知りたいことがあったら、ゼヒ後藤修一氏にきいて下さい。

水木しげる
マンガ家

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月14日

平成30年7月豪雨

真砂_001.jpg
平成30年7月豪雨で犠牲になった方々の御冥福をお祈りし、被災された方にお見舞い申しあげます。
なんであんな記録的な豪雨が発生したのか?自分なりに勉強してみました。気象学の知識が無いので間違っているかもしれませんが。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年07月07日

花崗岩と真砂(まさ)

真砂_001.jpg
中国地方のオートバイ乗りが、山道を走っていて悩まされるのが、路肩でツルツルすべる、まるでビーズをまいたような砂です。これは真砂(まさ)に由来したものですね。現在進行中の水害は凄まじいものですが、中国地方で土砂災害が多発している原因のひとつではないかと思うのです。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年06月30日

ぼくらの駆逐艦・榎−戦後70年の証言−

駆逐艦榎_001.jpg
一昨年、大戦末期に、福井・小浜湾で米軍が航空機から投下した機雷で、36人が犠牲になった帝国海軍の駆逐艦「榎(えのき)」を伝えようと、旧制小浜中の卒業生でつくる「榎会」が漫画「ぼくらの駆逐艦・榎−戦後70年の証言−」を自費出版した…というのをTwitterで今更ながら知ったので、通販をお願いして本が届き、先ほど読了いたしました。
駆逐艦榎.jpg
この本は、大戦末期に戦闘力を失い、米軍の攻撃になすすべも無くなっていた海軍艦艇の状況を軍人だけでなく、陸で見守っていた学生の証言等も交えて臨場感溢れる内容です。そして、内容が貴重なのはもちろんですが、マンガとしても、とても面白いのです。すごく構成が上手だなと感心しました。
駆逐艦榎は改丁型(橘型)駆逐艦であり、昭和20年3月31日に舞鶴海軍工廠で竣工しました。瀬戸内海での訓練後に再び日本海側に回航されて第十一水雷戦隊に配備されました。そして昭和20年6月26日に小浜湾で蝕雷、大破着底して戦後解体されました。竣工からわずか87日間というのは帝国海軍の駆逐艦でもっとも短命でした。すでに機雷封鎖によって近海の行動さえも自由にできなくなっていました。
駆逐艦楡a.jpg
残念ながら駆逐艦榎の写真は見つける事ができなかったので、榎の直前に同じく舞鶴工廠で竣工した同型艦楡(にれ)の写真を載せました。駆逐艦榎も同じスタイルだった筈です。
酒匂a.jpg
駆逐艦榎が護っていた巡洋艦酒匂です。阿賀野型の4番艦で、水雷戦隊旗艦として建造された強力な巡洋艦でしたが竣工後はすでに指揮をする実戦部隊は存在せず、日本海側でほとんど動かず、無傷で終戦を迎えました。アメリカに接収されて、戦艦長門と共にビキニ環礁の原爆実験で沈みました。同型艦の矢矧は戦艦大和と共に戦没しています。
初桜.jpg
駆逐艦榎と同じ第十一水雷戦隊に属していた同型艦の初桜は後に横須賀に移りました。終戦後に連合軍の艦隊との連絡艦として最初に接触する役目を果たしています。
わかばa.jpg
わかば2a.jpg
余談ですが、駆逐艦榎と同じ改丁型(橘型)の駆逐艦梨(なし)は瀬戸内海で航空攻撃で撃沈されましたが、昭和29年にサルベージされて、海上自衛隊護衛艦「わかば」として再生しました。帝国海軍の血の一滴は、駆逐艦榎の姉妹を通して海上自衛隊に受け継がれているのです。




posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記

2018年06月16日

君が代

君が代_001.jpg

 私は君が代が好きです。祖国の国歌であるというだけでなく、静かで美しく、悠久の時の流れが、短い詩に凝縮されているのがとても良いですね。
 「さざれ(細)石の巌となりて 苔のむすまで」という歌詞は「小石が巨岩となるほど長い歳月を経るまで」という意味なんでしょうが、私はひとつ小石が成長して巨岩になるという考えが昔の人にあったのかと思ってました。ところが、歌に詠まれたさざれ石のモデルは、根拠は良く判らないのですが、伊吹山の石灰質礫岩とされているそうです。
 つまり、小石(礫)が集まって堆積して、続成作用で固結して、陸化して、侵食されて巨岩になったという意味ですね。凄く地質学的なのが面白いです。
 もっとも、本当に地質学的な解釈に基づいている訳ではなく、巨大な礫岩の塊が小石が集まってできているのをみて、理由は判らないけど、不思議に思い、畏敬の念に囚われただけかもしれませんね。
 それにしても、あちこちで展示されている大きな岩石を「さざれ石」と呼ぶのは論理的に間違っているのではないか?含まれているのが「さざれ石」で、展示されているのは「巌」だと思うのですが。('-'*)
 明治時代のお雇い外国人、英国人のチェンバレンが、君が代の英語への翻訳をしています。チェンバレンは俳句や和歌をつくるくらいに日本語に堪能だったらしいですから、ちゃんと国歌「君が代」が正立した当時の解釈を踏まえていると思われます。

  A thousand years of happy life be thine!
  Live on, my Lord, till what are pebbles now,
 By age united, to great rocks shall grow,
 Whose venerable sides the moss doth line.

 これだと、やはり小石が集まって巨岩になるという事がはっきりしてますね。もっとも、当時の英国は、ほぼ地質学が確立されていたので、科学的に解釈したという可能性もありますけど。あと、この英訳をみると「君が代」が天皇陛下の御代を意味しているのも明らかですね。

 ところで、地質学的には「さざれ石」が「巌」となるのは珍しい事ではなく、ごく普通の現象なのに、稀少な岩石だと誤解している人が多いようです。「さざれ石」が「巌」なったものは一般に礫岩と呼ばれます。
 例えば、みんな大好き大洗の磯前神社の海岸の鳥居が設置されている岩場は、典型的な礫岩ですね。あれは大洗層と言って、中生代白亜紀の終わりから古第三紀にかけて堆積した地層だと文献にありました。

大洗磯前神社下の海岸にある鳥居、岩場は一部に砂岩や泥岩を挟むが大部分は礫岩からできている。
DSC07525a.jpg

近づくと礫を大量に含んでいる事が判ります。まさに、さざれ石の巌となりて…ですね。
DSC07526a.jpg

色々なサイズの礫や砂などを不均質に含んでいるのが特徴です。昔の海底地滑りで出来たと考えられています。
DSC07527a.jpg

北側のひたちなか市の海岸には中生代白亜紀の地層があって、アンモナイトが見つかるので有名ですね。大洗層が中生代白亜紀の終わりから古第三紀にかけて堆積した地層とされているので、それよりもやや新しいのかもしれません。恐竜が滅びた頃の地層という事になるのでしょうか。

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年05月26日

藤永田造船所

藤永田造船所_001.jpg
藤永田造船所_002.jpg
かつて大阪に藤永田造船所という造船会社がありました。元禄時代の船大工がルーツで、維新後にいち早く近代的な造船技術を導入して、1967年に三井造船に吸収合併されるまで278年間続きました。技術力が高く駆逐艦建造の名門で、東の浦賀船渠、西の藤永田と呼ばれました。
藤永田造船所は、現在の大阪住之江区を流れる木津川を挟んで北と南に別れていました。艦これに登場する艦娘の多くが生まれた場所でもあります。昔から興味があったのですが、さすがに現地に行くのは難しいのでストリートビューで探索していたらこんなものが。藤永田造船所跡地とあります。(Googleストリートビューより)
藤永田造船所石碑2a.jpg
興味がわいて、色々と調べてみました。昭和23年に米軍が撮影した写真だとこんな感じです。(カシミール使用)木津川沿いは造船所が多い場所でした。川に沿って造船所があるのは英国みたいですね。もう一枚は駆逐艦村雨の進水式ですが、川の南側、写真の右よりに並んでいる船台のようです。対岸の建物が見えています。
藤永田造船所1948a.jpg
駆逐艦村雨。
村雨a.jpg
現在、造船所は廃止になっており、その跡地は、他の工場や自動車教習所、ゴルフ練習場、流通センターになり、かつての駆逐艦建造の名門を想像するのは難しいです。しかし、ごく一部に残っている三井造船の関連施設(三井造船マシナリー・サービス)に面影が残っています。奥に見えるノコギリ屋根の建物は戦前からのものです。(Googleストリートビューより)
藤永田造船所4.JPG
藤永田造船所が最初に建造した駆逐艦「藤」藤永田の名前に因んだと言われる。
藤a.jpg
駆逐艦曙。
曙a.jpg
駆逐艦山雲。
山雲a.jpg
駆逐艦黒潮。
黒潮a.jpg
みんな大好き綾波も藤永田生まれです。
綾波a.jpg
雷は藤永田と並ぶ駆逐艦建造の名門、浦賀船渠生まれ、そして電は藤永田造船所生まれなのです!!
E99BB7E99BBBE381A1E38283E38293E3818CE38286E3818FEFBC92_001.jpg

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記

2018年05月12日

旧天城隧道

天城山トンネル_001.jpg
今日のブラタモリのテーマは「天城越え」でした。来週は旧天城隧道が紹介されるようです。このブログ主も以前に旧街道を河津側から旧天城隧道まで歩いた事があります。今は遊歩道として街道が整備されています。
IMGP5698a.jpg
古い道路柵の支柱には安山岩の柱状節理ブロックがそのまま利用されていました。
IMGP5699a.jpg
河津側の隧道口です。トンネルの幅は3.5mしかなくかなり狭いです。それでも昔は自動車が通行していたそうです。今は静かで途中誰ともすれ違いませんでした。
IMGP5715a.jpg
レトロ調の照明。
IMGP5723a.jpg
天井の様子。
IMGP5725a.jpg
内部の様子。
IMGP5730a.jpg
湯ヶ島側の隧道口。
IMGP5738a.jpg
トンネル銘板。
IMGP5741a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション