2018年07月22日

ヒットラー少年

後藤修一さんがお亡くなりになりました。非常に残念です。御冥福をお祈りいたします。
後藤さんには色々な側面がありますが、水木しげる先生の感想をご紹介しましょう。

IMG_6819.jpg

『日本読書新聞』1984年4月30日号
「わが友 ヒットラー少年 鬼太郎と桃太郎をあわして……」

 後藤修一氏は、一四、五年前だったか、ぼくが「ヒットラー」をかこうとしたとき、桃太郎のような顔をして突然現れ、「ヒットラー」の漫画が出れば世界中で、ぼくが一番喜ぶでしょうな」といったような、独話とも夢話ともつかぬ言葉を発し「ヒットラー」のストリーについて、無料で全面奉仕するから協力させてくれということだった。
 たしか高校三年位だったろうか、話をきくと「ヒットラー」のこととか、戦争のことなどだけでなくドイツ文化≠ノついてもくわしかったとつけ加えておく。氏は、それ以来毎週のようにあらわれ、ヒットラーについてのシナリオやら助言を桃太郎のような顔つきで、されるのだった。
 我が家では誰いうとなく、氏をヒットラー少年≠ニ呼ぶようになった。それほど氏は、ヒットラーについてくわしく……というより「ヒットラー」から生まれた少年みたいだった。その頃、「漫画サンデー」に連載していた「ヒットラー」が長かったから、しぜん親しくなり横浜の伊勢佐木町のハンドバックやカバンを売っているお店にうかがった。ハンドバック屋の三階の屋根裏部屋みたいなところが氏の部屋だった。一人息子らしく部屋を全部占領していてかなり広く、友達なんかいてにぎやかだった。氏は鬼太郎と桃太郎を合わしたみたいな顔でニヤニヤしておられたわけだが、世の中には変わった少年もいるものだというのがぼくの印象だった。
 話は戻るが、二、三年前からぼくのアシスタントの友人と称する丸坊主の男が、ぼくの家に出入りしはじめていた。とにかく、入道のような坊主で下駄をはいていたのだから、ひどく目立つ。又この坊主はよく電話をかけてくる。その電話のかけ方が、少年とは思えぬほど落ちついているのだ。世の中には面白い人がいるものだと思っていると、なんとこの坊主は「ヒットラー少年」の知合いだったと聞いておどろいた。しかも、お互にかのゴジラとかキングコングといった特集もののなどについて、バカにくわしい。しかも、その坊主が日本で一番くわしい、という話をきかされ二度おどろいた。
 その後「ヒットラー少年」は、ナチス時代の軍需相のシュペーアとか、親衛隊長ヒムラーの娘などとドイツに行って話をしたり、日独協会の青年部の委員長になったりして、大へんなドイツ通になっておられる。全く年月のたつのは早いものだ。マスコミのみなさま「ヒットラー」のことについて知りたいことがあったら、ゼヒ後藤修一氏にきいて下さい。

水木しげる
マンガ家

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月14日

平成30年7月豪雨

真砂_001.jpg
平成30年7月豪雨で犠牲になった方々の御冥福をお祈りし、被災された方にお見舞い申しあげます。
なんであんな記録的な豪雨が発生したのか?自分なりに勉強してみました。気象学の知識が無いので間違っているかもしれませんが。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年07月07日

花崗岩と真砂(まさ)

真砂_001.jpg
中国地方のオートバイ乗りが、山道を走っていて悩まされるのが、路肩でツルツルすべる、まるでビーズをまいたような砂です。これは真砂(まさ)に由来したものですね。現在進行中の水害は凄まじいものですが、中国地方で土砂災害が多発している原因のひとつではないかと思うのです。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年06月30日

ぼくらの駆逐艦・榎−戦後70年の証言−

駆逐艦榎_001.jpg
一昨年、大戦末期に、福井・小浜湾で米軍が航空機から投下した機雷で、36人が犠牲になった帝国海軍の駆逐艦「榎(えのき)」を伝えようと、旧制小浜中の卒業生でつくる「榎会」が漫画「ぼくらの駆逐艦・榎−戦後70年の証言−」を自費出版した…というのをTwitterで今更ながら知ったので、通販をお願いして本が届き、先ほど読了いたしました。
駆逐艦榎.jpg
この本は、大戦末期に戦闘力を失い、米軍の攻撃になすすべも無くなっていた海軍艦艇の状況を軍人だけでなく、陸で見守っていた学生の証言等も交えて臨場感溢れる内容です。そして、内容が貴重なのはもちろんですが、マンガとしても、とても面白いのです。すごく構成が上手だなと感心しました。
駆逐艦榎は改丁型(橘型)駆逐艦であり、昭和20年3月31日に舞鶴海軍工廠で竣工しました。瀬戸内海での訓練後に再び日本海側に回航されて第十一水雷戦隊に配備されました。そして昭和20年6月26日に小浜湾で蝕雷、大破着底して戦後解体されました。竣工からわずか87日間というのは帝国海軍の駆逐艦でもっとも短命でした。すでに機雷封鎖によって近海の行動さえも自由にできなくなっていました。
駆逐艦楡a.jpg
残念ながら駆逐艦榎の写真は見つける事ができなかったので、榎の直前に同じく舞鶴工廠で竣工した同型艦楡(にれ)の写真を載せました。駆逐艦榎も同じスタイルだった筈です。
酒匂a.jpg
駆逐艦榎が護っていた巡洋艦酒匂です。阿賀野型の4番艦で、水雷戦隊旗艦として建造された強力な巡洋艦でしたが竣工後はすでに指揮をする実戦部隊は存在せず、日本海側でほとんど動かず、無傷で終戦を迎えました。アメリカに接収されて、戦艦長門と共にビキニ環礁の原爆実験で沈みました。同型艦の矢矧は戦艦大和と共に戦没しています。
初桜.jpg
駆逐艦榎と同じ第十一水雷戦隊に属していた同型艦の初桜は後に横須賀に移りました。終戦後に連合軍の艦隊との連絡艦として最初に接触する役目を果たしています。
わかばa.jpg
わかば2a.jpg
余談ですが、駆逐艦榎と同じ改丁型(橘型)の駆逐艦梨(なし)は瀬戸内海で航空攻撃で撃沈されましたが、昭和29年にサルベージされて、海上自衛隊護衛艦「わかば」として再生しました。帝国海軍の血の一滴は、駆逐艦榎の姉妹を通して海上自衛隊に受け継がれているのです。




posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記

2018年06月16日

君が代

君が代_001.jpg

 私は君が代が好きです。祖国の国歌であるというだけでなく、静かで美しく、悠久の時の流れが、短い詩に凝縮されているのがとても良いですね。
 「さざれ(細)石の巌となりて 苔のむすまで」という歌詞は「小石が巨岩となるほど長い歳月を経るまで」という意味なんでしょうが、私はひとつ小石が成長して巨岩になるという考えが昔の人にあったのかと思ってました。ところが、歌に詠まれたさざれ石のモデルは、根拠は良く判らないのですが、伊吹山の石灰質礫岩とされているそうです。
 つまり、小石(礫)が集まって堆積して、続成作用で固結して、陸化して、侵食されて巨岩になったという意味ですね。凄く地質学的なのが面白いです。
 もっとも、本当に地質学的な解釈に基づいている訳ではなく、巨大な礫岩の塊が小石が集まってできているのをみて、理由は判らないけど、不思議に思い、畏敬の念に囚われただけかもしれませんね。
 それにしても、あちこちで展示されている大きな岩石を「さざれ石」と呼ぶのは論理的に間違っているのではないか?含まれているのが「さざれ石」で、展示されているのは「巌」だと思うのですが。('-'*)
 明治時代のお雇い外国人、英国人のチェンバレンが、君が代の英語への翻訳をしています。チェンバレンは俳句や和歌をつくるくらいに日本語に堪能だったらしいですから、ちゃんと国歌「君が代」が正立した当時の解釈を踏まえていると思われます。

  A thousand years of happy life be thine!
  Live on, my Lord, till what are pebbles now,
 By age united, to great rocks shall grow,
 Whose venerable sides the moss doth line.

 これだと、やはり小石が集まって巨岩になるという事がはっきりしてますね。もっとも、当時の英国は、ほぼ地質学が確立されていたので、科学的に解釈したという可能性もありますけど。あと、この英訳をみると「君が代」が天皇陛下の御代を意味しているのも明らかですね。

 ところで、地質学的には「さざれ石」が「巌」となるのは珍しい事ではなく、ごく普通の現象なのに、稀少な岩石だと誤解している人が多いようです。「さざれ石」が「巌」なったものは一般に礫岩と呼ばれます。
 例えば、みんな大好き大洗の磯前神社の海岸の鳥居が設置されている岩場は、典型的な礫岩ですね。あれは大洗層と言って、中生代白亜紀の終わりから古第三紀にかけて堆積した地層だと文献にありました。

大洗磯前神社下の海岸にある鳥居、岩場は一部に砂岩や泥岩を挟むが大部分は礫岩からできている。
DSC07525a.jpg

近づくと礫を大量に含んでいる事が判ります。まさに、さざれ石の巌となりて…ですね。
DSC07526a.jpg

色々なサイズの礫や砂などを不均質に含んでいるのが特徴です。昔の海底地滑りで出来たと考えられています。
DSC07527a.jpg

北側のひたちなか市の海岸には中生代白亜紀の地層があって、アンモナイトが見つかるので有名ですね。大洗層が中生代白亜紀の終わりから古第三紀にかけて堆積した地層とされているので、それよりもやや新しいのかもしれません。恐竜が滅びた頃の地層という事になるのでしょうか。

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年05月26日

藤永田造船所

藤永田造船所_001.jpg
藤永田造船所_002.jpg
かつて大阪に藤永田造船所という造船会社がありました。元禄時代の船大工がルーツで、維新後にいち早く近代的な造船技術を導入して、1967年に三井造船に吸収合併されるまで278年間続きました。技術力が高く駆逐艦建造の名門で、東の浦賀船渠、西の藤永田と呼ばれました。
藤永田造船所は、現在の大阪住之江区を流れる木津川を挟んで北と南に別れていました。艦これに登場する艦娘の多くが生まれた場所でもあります。昔から興味があったのですが、さすがに現地に行くのは難しいのでストリートビューで探索していたらこんなものが。藤永田造船所跡地とあります。(Googleストリートビューより)
藤永田造船所石碑2a.jpg
興味がわいて、色々と調べてみました。昭和23年に米軍が撮影した写真だとこんな感じです。(カシミール使用)木津川沿いは造船所が多い場所でした。川に沿って造船所があるのは英国みたいですね。もう一枚は駆逐艦村雨の進水式ですが、川の南側、写真の右よりに並んでいる船台のようです。対岸の建物が見えています。
藤永田造船所1948a.jpg
駆逐艦村雨。
村雨a.jpg
現在、造船所は廃止になっており、その跡地は、他の工場や自動車教習所、ゴルフ練習場、流通センターになり、かつての駆逐艦建造の名門を想像するのは難しいです。しかし、ごく一部に残っている三井造船の関連施設(三井造船マシナリー・サービス)に面影が残っています。奥に見えるノコギリ屋根の建物は戦前からのものです。(Googleストリートビューより)
藤永田造船所4.JPG
藤永田造船所が最初に建造した駆逐艦「藤」藤永田の名前に因んだと言われる。
藤a.jpg
駆逐艦曙。
曙a.jpg
駆逐艦山雲。
山雲a.jpg
駆逐艦黒潮。
黒潮a.jpg
みんな大好き綾波も藤永田生まれです。
綾波a.jpg
雷は藤永田と並ぶ駆逐艦建造の名門、浦賀船渠生まれ、そして電は藤永田造船所生まれなのです!!
E99BB7E99BBBE381A1E38283E38293E3818CE38286E3818FEFBC92_001.jpg

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記

2018年05月12日

旧天城隧道

天城山トンネル_001.jpg
今日のブラタモリのテーマは「天城越え」でした。来週は旧天城隧道が紹介されるようです。このブログ主も以前に旧街道を河津側から旧天城隧道まで歩いた事があります。今は遊歩道として街道が整備されています。
IMGP5698a.jpg
古い道路柵の支柱には安山岩の柱状節理ブロックがそのまま利用されていました。
IMGP5699a.jpg
河津側の隧道口です。トンネルの幅は3.5mしかなくかなり狭いです。それでも昔は自動車が通行していたそうです。今は静かで途中誰ともすれ違いませんでした。
IMGP5715a.jpg
レトロ調の照明。
IMGP5723a.jpg
天井の様子。
IMGP5725a.jpg
内部の様子。
IMGP5730a.jpg
湯ヶ島側の隧道口。
IMGP5738a.jpg
トンネル銘板。
IMGP5741a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション

2018年05月02日

浅草凌雲閣(十二階)

凌雲閣_001.jpg
もう2月の事ですが、浅草凌雲閣(12階)の遺構が発見されたと聞いて、会社の近所なんで休日出勤の途中で寄ってきました。場所は花やしきの近くです。
DSC01739a.jpg
凌雲閣は解説読むと現在の花やしき通りに接していたとされていて、跡地はパチンコ屋になっているとされています。現在そこに記念碑もあります。
DSC01744a.jpg
しかし、今回の遺構をみると想定より数10m北側にあったようですね。
DSC01743a.jpg
八角形をしていた建物の基礎のコンクリートの一部と煉瓦が出ていて、建物の範囲を容易に想像する事ができます。
DSC01769a.jpg
ネットでコンクリート製の基礎は明治時代にありえないという人もいましたが、日本のセメントの歴史も結構古いのです。ちょうど国産セメントが出てきた頃ですね。明治維新の頃はちょうど天然セメント(ローマ式セメント)と人工セメント(焼成ポルトランドセメント)の移行期だったので混在していますが、明治20年代はポルトランドセメントの時代ですね。輸入量が増えたので国産が急がれた訳ですから。深川にあった官営セメント工場の稼働が明治8年、払い下げを受けて浅野セメントが創業したのが明治17年です。創成期の国産セメントを使っていたかもしれません。ちなみに官営セメント工場は営業をあまりしなかったので、作ってもあまり売れなかったとか。
DSC01792a.jpg
凌雲閣の構造資料がありました。
基礎:煉瓦造布基礎
地業:掘削深さ18尺(5.45m)
松杭の上コンクリート厚2.5尺(76cm)
支持地盤:沖積層
たぶん松杭打っていると思ったけど、やはりそのようです。軟弱な層の上なんで松杭を打って支持力を確保している訳ですね。更にコンクリート打って煉瓦を重ねて基礎としたようです。
DSC01795a.jpg
一部に凌雲閣である事を疑う人もいたのですが、コンクリート基礎が多角形の一部に見えるので、できるだけ真上から撮った写真で角度を測ってみました。130〜140度くらいですね。正八角形だと135度ですから矛盾はないと思います。というか、こんな角度を一部に持ったコンクリート基礎は凌雲閣以外に考えづらいのではないだろうか?という訳で、私は凌雲閣であると考えます。
DSC01808a.jpg
凌雲閣の推定範囲。資料によると床面積が112.4平方メートルだそうです。正八角形とすると外形の一辺が5mくらいになるでしょう。とするとこんな感じ?
地図.JPG
とすると、この写真の範囲目一杯に凌雲閣が広がっていた事になります。
DSC01798a.jpg
今は何の変哲もない下町の路地なんですが。
DSC01797a.jpg
念のために凌雲閣(矢印の位置)が載っている古地図を現在の地図の上に透過して重ねてみました。見事に今回の場所に重なります。今回発見された遺構が凌雲閣であるのはほぼ確実です。今のウィンズの辺りは池だったのか…良く絵葉書に出てくる十二階と池の構図はここなんですね。
地図2.JPG
地図3.JPG
やはり、何時の時代も人は高い所に登りたがるのであろう。('-'*)
DSC01828a.jpg
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記

2018年04月30日

「海上保安資料館横浜館」(工作船展示館)

海保横浜_001.jpg
横浜の工作船展示館に行ってきました。ここには2001年に起こった「九州南西海域工作船事件」で海上保安庁の巡視船と交戦の結果、自沈するに至った北朝鮮の工作船を引き揚げて保管しています。
DSC03007a.jpg
工作船は漁船に偽装していますが、その能力は全くなく、四軸の推進器を大出力の発動機で駆動して30ノットを遙かに超える高速船でした。内部には日本への潜入工作用の小型船を収用できるようになっており、他にも水中スクーターやゴムボートを搭載しています。また多数の火器を搭載しており、日本の巡視船への攻撃も行われて海保に負傷者も生じています。当時の日本の某新聞は「沈没した船は『不審船』と断定はできない」とか「違法な戦闘行為」と主張して海保の対応を非難しました。果たして『不審船』がそんな生ぬるいものだったのか見てみる事にしましょう。
DSC03019a.jpg
工作船の船首部は鋭いV字断面で高速航走に向いた形状です。船体の傷みが激しいですが、船体を構成している鋼板はかなり薄いそうです。構造も脆弱で高速を出すために軽量化した結果かもしれません。
DSC03015a.jpg
後部からみたところ、船尾の舟艇収納部の観音開きの扉が一部見えます。全長は約30m、排水量は50トン弱です。黄色いのは自沈の時の爆発で損傷した船体の補強材です。
DSC03071a.jpg
最大の特徴である、船尾の観音開きの扉、舟艇発進と収納のためです。船の後部はこの収用部で占められており、前部はほとんどが機関部でした。上部の構造物も操舵室の他は多くが対空機関砲の収用部で占められており、乗員のためのスペースはほとんどありません。
DSC03059a.jpg
推進器は4軸で漁船ではまずあり得ません。戦闘艦艇並みですね。
DSC03055a.jpg
舟艇収用部の状況です。側面は燃料タンクになっています。奥は自沈の時の爆発で大きく壊れています。
DSC03057a.jpg
後部甲板の状況。元々はダミーの船室があって、収納されていた14.5ミリ対空機関砲をレールで引き出すようになっていました。煙突も偽装で排気孔は側面にありました、高出力の発動機を複数搭載している事を隠すためだったようです。
DSC03079a.jpg
操舵室付近、操舵室の後の区画にカマドがあり、この狭い区画で10人前後の乗員が生活していたと考えられます。
DSC03086a.jpg
第2機関室、搭載されているのはロシア製の高出力ディーゼルエンジン。
DSC03088a.jpg
前部甲板の状況、第1機関室が見えます、搭載している機関の総出力は4000馬力に達するそうです。その前にある開口部は内部にベースがせり上がるギミックがありました。本来は対空機関砲の秘匿用だったと推定されていますが、この船はゴムボートの収用部になっていました。船首付近には無反動砲の砲架があります。
DSC03090a.jpg
潜入工作用の搭載舟艇、漁船に偽装していますがボルボ製の高出力発動機を搭載。
DSC03078a.jpg
潜入工作用のゴムボートと水中スクーター。
DSC03054a.jpg
工作船を引き揚げた関係者が驚いたのは、搭載している武器の多さでした。これは14.5ミリ対空機関砲です。
DSC03065a.jpg
携行型の対空ミサイルと無反動砲。
DSC03026a.jpg
ヘルメットも発見された。
DSC03028a.jpg
巡視船あまみは自動小銃の射撃で負傷者を出しました。
DSC03030a.jpg
対戦車ロケット弾での攻撃を受けたことも判明しています。
DSC03029a.jpg
自爆用スイッチ。搭載舟艇からも爆発物が発見されています。最終的に工作船は爆発物で自沈しました。海保は生存者を発見しましたが、相手が抵抗を止めないために救助はできず、工作船の生存者はいません。
DSC03040a.jpg
日本の沿岸部の地図も発見されています。拉致被害者もこのような工作船の活動で連れ去られたのでしょう。
DSC03031a.jpg
北朝鮮側は現在に至るまで、関係を認めていません。
posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記

横須賀「蜜柑」文学碑

蜜柑_001.jpg
蜜柑_002.jpg
今日は仕事が早く終わったので横須賀に寄ってきました。以前から安針台の上から横須賀軍港を眺めてみたかったのです。予想通りに眺めは非常に良かったですね。ただ、左右の視界が限られるのと、植生に邪魔されずに写真撮影するのがちょっと難しいです。空母ロナルド・レーガンはよく見えます。
DSC02651a.jpg
多少手前に草が入ってしまいます。脚立を持って行けば良かったかも。
DSC02666a.jpg
安針台から吉倉に降りていく坂道からの光景も素晴らしいです。
DSC02670a.jpg
横須賀線の右側が吉倉公園です。トンネルの向こうはJR横須賀駅なのでした。
DSC02669a.jpg
吉倉公園はJR横須賀線の脇にあり、線路を挟んですぐ海になっています。
DSC02698a.jpg
吉倉公園には芥川龍之介の短編小説「蜜柑」の文学碑がありました。とても好きな作品なので感激しました。ただ、吉倉公園にあるのは横須賀線脇には他に適当な用地がなかったのでしょうね。ここは横須賀駅から最初のトンネルを抜けた場所ですが、小説を読むと二つ目以降のトンネルが舞台になっているのが判ります。ただ、確かにこんな線路脇の場所だったのでしょう。
DSC02763a.jpg
公園の女の子像もちゃんと蜜柑をもっています。にしても、今は横須賀は田舎という雰囲気はありませんが、大正時代の日本はまだまだ貧しかったのですね。
DSC02779a.jpg
芥川龍之介は結婚前は横須賀に下宿していたそうです。汐入駅の側でGoogle マップで検索するとこの位置だったみたいですね。
DSC02801a.jpg
汐入のイオン(旧ダイエー)では自衛隊装備の展示をやっていました。
DSC02803a.jpg
ヴェルニー公園散策、バラと軍艦をいくつか…
DSC02805.JPG
DSC02807a.jpg
DSC02809a.jpg
横須賀線で帰りました。芥川龍之介の気分を味わうためにグリーン車です。
DSC02860a.jpg

posted by はるなブログ(コミPo!を主に使った日記) at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ日記